チケット取得のコツ!プレミアムチケット購入の裏ワザ必勝法4選

人気歌手のコンサートや人気俳優の舞台等、購入申し込みが殺到してチケットを買えなかったという経験をお持ちの方は、たくさんいらっしゃると思います。この記事では、そんなプレミアムチケットを購入する確率を高めるためのテクニックを記載させて頂きます。何百倍の競争率を勝ち抜くために、数パーセントでも可能性を上げることで当選に近付くと思いますので、是非チャレンジして頂ければ幸いです。

 

1. 電話に関する都市伝説!?電話でチケットを取るために大切なこと

コンサートチケット申し込み開始時間に電話をしても繋がらなかった経験は、この記事を読まれている誰もがお持ちかと思います。

チケットを取得するために特に重要なポイントは「5秒前に電話をかけること」です。いくつか取得するための方法はありますがまずは5秒前から電話をかけることに注力しましょう。私は5秒前から電話をかけるようにしてからチケットを取得できる確率が20%~30%アップしました。ですから、まずは5秒前に電話をかけることから始めて見ると良いでしょう。それを踏まえた上で5つの方法を全て試して見ると良いでしょう。

公衆電話が繋がりやすいといった話を聞かれたことがある方もいるかと思いますが、編集部の調査結果をご確認下さい。

 

1-1. 公衆電話がチケットと取り易いというのは嘘!

公衆電話

公衆電話には災害時優先通信という制度により、災害時においては他の電話(固定電話・スマホ等)よりも優先的に繋がるという仕組みになっています(参考:総務省)。ただし、これはあくまでも災害時の時という緊急の場合での話であり、チケットを取るために一斉に電話を掛けて繋がらないという点には対応していません。

チケットを取るための電話が集中した場合、NTTは「ふくそう制御」という仕組みに切り替わります。電話集中の負荷を散らすという方法なのですが、公衆電話であろうと一般電話であろうと繋がり方は同じとNTTのホームページ上でも表記されています。(参考:NTT

このような形で公衆電話には災害時に優先される利点はありますが、それ以外の場合には適用されませんので、公衆電話から電話をしてもチケットを取れる確率が上がるわけではありません。

※「チケットぴあ」で購入する場合には、ガラケーが有利との情報もあります(参照:チケットくるみっこ)。チケットぴあに確認しましたが、真偽の程はお答え頂けませんでした。ガラケーでチケットを取りやすいという実績も上がっているので、ご興味がある方は是非お試しください。

 

1-2. 意外に知られていない!?電話を掛ける際に重要な5つのポイント

    スマートフォン

    「1. 時報確認」
    チケット予約電話は1秒を競う争いです。時間を正確に掴んで置くことが何よりも重要となりますので、事前に「117」に電話をして時報を確認しておきましょう。

     

    「2. 数分前でも繋がる可能性がある。」
    編集部が調査をした所、チケットを取得した際に数分前に繋がって取得できたという回答が数件ありました。何人かの方から出た回答ですので、時間前に電話をして繋がる可能性は0ではないのかもしれません。

     

    「3. 固定電話の場合は、親機からかける。」
    固定電話で親機と子機がある場合には、親機からかける必要があります。子機から電話をかけると、親機を通して回線が繋がるため時間ロスが生じます。数秒がチケット取得の分かれ道なので、時間ロスを絶対に無くしましょう。

     

    「4. 予約開始時間にかかることが重要」
    仮に予約開始時が1800だった場合、1800に電話をかけるのではなく、1800に電話が繋がる状態でかけなければなりません。つまり1755秒前後から番号を打ち始めることが大切な要素となります。

     

    「5. 数が多いと確率は上がる」
    これは当たり前かもしれませんが、1台でかけるよりも2台、3台と電話をかける台数を増やせば当然に繋がる確率は上がります。たった数分の作業なので家族・友人に協力を依頼して、少しでも多くの電話からかけるようにしましょう。

     

    ※尚、チケット会社の電話番号は代表番号であり、数十人のオペレーターに代表番号から割り振られるため、必ず子番号があるというのが一般的です。チケット取得を仕事にしているプロの方は、子番号を割り出して直接電話をかけるということができるかもしれませんが、一般人にはまず無理な話ですので子番号の割り出し等に取り組むことは時間の無駄といえますので止めましょう。

     

     

    2. 三大プレイガイドで選択すべきは「イープラス」

    イープラス

    (画像引用:イープラス

    チケット販売の大手といえば、「ローソンチケット」・「イープラス」・「チケットぴあ」が挙げられます。

    1章でも記載しておりますが、チケットを取得するためにはスピードが最重要課題となります。編集部がこの3つの販売元で何故「イープラス」をお勧めするのかを記載させて頂きます。

     

    「イープラスが良い1つ目の理由」

    チケットぴあ、ローソンチケットの場合は発売が一般販売開始時刻にならないと日程や枚数等の情報を入力することができません。

    一方でイープラスの場合は、一般販売開始前から日程、席の種類、枚数といった情報を入力しておくことが可能です。このように事前に情報を入力できている分、他の申込方法よりも時間短縮に繋がります。

    ※注意点としては5分間同じ画面のままだと、初めから作業をやり直す必要がある点です。発売開始の4分前位から入力を開始しておくのが最も良い方法としてお勧めです。

     

    「イープラスが良い2つ目の理由」

    イープラスの場合、ボタンを押す回数が少ないという利点があります。申し込みが完了するまでに3回ボタンを押せば良いのですが、他社の場合は56回押す必要があります。

    ボタンを押す回数なんて特別なことではないと思われている方もいらっしゃるかもしれませんが、これは非常に重要なポイントです。

    なぜなら1回ボタンを押すたびに、回線混雑の為に画面が動かなくなったりといった事象が発生する可能性があるからです。

    申し込み完了までに、ボタンを押す回数の少ないイープラスは、回線混雑のリスクも軽減できるのでお勧めです。

     

    3. インターネット申し込みで重要なのはスーパーリロード!

    スーパーリロード

    インターネットからの申込を行う方も数多くいらっしゃいます。

    「大変混み合っておりますので時間を空けてアクセスして下さい」このような表示を目にして、そこで止まってしまって申し込めなかったという方も多いと思います。

    貴方は上記の表示が出た時、IEを一度閉じて再度検索しますか?それともIEの更新ボタンやF5を押して画面更新を試みていらっしゃいますか?

    実は、これらの方法は行うべきではありません。繋がる可能性は低いので止めましょう。 上記の方法では、蓄積したデータを利用して接続をする形となります。(専門用語ではキャッシュを利用していると言われます)

    「大変混み合っておりますので時間を空けてアクセスして下さい」という画面を安易に呼び出す形となってしまうので、繋がる可能性は非常に低くなります。

     

    Ctrl+F5ボタンを押す(専門用語でスーパーリロードと呼ばれます)ことで、キャッシュを利用しないで最新の情報に更新という効果があります。分かり易く例えると、履歴を消去して再度パソコンがそのサイトを1から真剣に探す努力をする形を取る形です。

    後は繋がるまでCtrl+F5ボタンを押すことを愚直に繰り返すのみです!

    ここからは連打するしか方法はありません。諦めずに連打を続けた貴方にきっとチケットの女神は微笑んでくれるでしょう!

    ※申込までには1ページで完結することは少ない為、何度か画面が切り替わっていくのが一般的です。画面が切り替わった際に「大変混み合っておりますので時間を空けてアクセスして下さい」という嫌な表記が出ても「戻る」ボタンを押してはいけません。せっかく進んだ物が無駄になってしまいます。この場合も必ずCtrl+F5ボタンを連打することを忘れないようにして下さい!

     

     

    4. プロに購入を託す!チケット取得代行業者「ChouChou

    シュシュ

    画像引用(ChouChou

    お忙しい方、自分ではチケットを取る自信が無い方、そんな方達におすすめなのがチケット代行業者です。通常のチケット取得費以外に費用が掛かりますが、取得代行のプロにチケットを依頼することで成功率もグッと上がることは間違いありません。どうしても取りたいチケットがある場合には、業者を使うのも有効な手段の一つです!

    代行業者の中でも編集部がお勧めするのが「ChouChou」という会社です。お勧めの理由を是非ご確認下さい。

     

    4-1. 欲しい場所(席)を指定できる!

    欲しいチケットの詳細を設定できる点が大きな魅力です。

    例えば「最前列のみ」、「二列目~四列目まで」等と自分の求める場所の希望を細かく設定できます。完全成功報酬型でその他の手数料は掛からないので、頼んでおいて損は無いサービスと言えます!

    3希望まで登録が可能なので、どうしても行きたい!どんな席でも会場に入りたい!という想いが強い場合は、第3希望に「座席希望無し・整理番号希望無し」を選びましょう。チケット取得の確率は、幅を広げることにより当然UPします!

     

    4-2. 「予約代行」・「探索代行」・「在庫販売」3つの購入方式。

    予約代行に関しては、一般的なサービスですが残りの2つが特徴的です。

    探索代行はすでに完売してしまっているチケットを探すサービスとなっており、どうしても諦めきれないチケットがある方は、一縷の望みを託してみてもよいのではないでしょうか?

    在庫販売とは、ChouChouが委託者から販売を依頼されているチケットを販売するサービスです。在庫を保有しているため確実に購入することができますが、委託品ということで価格に関しての交渉は一切できなという難点があります。

     

    4-3. 本人名義の取得も可能!時代ニーズにあった取得方法

    免許証

    近頃、転売対策の一環としてチケットが本人名義かどうかをチェックする会場も増えてきています。ChouChouではIDチェックの事前アナウンスがある公演だけでなく、希望すれば本人名義での取得が可能というサービスを行っております。

    公演日の数日前に急遽、本人確認のアナウンスをされるケースもあるので、念には念を入れて本人名義でチケットの取得を依頼することを編集部ではお勧めさせて頂きます。

     

    5. まとめ

    今回はチケット取得に関して色々と調査をさせて頂きました。結局、最後の所は「運」しかありませんが、人事を尽くして天命を待つという言葉があるように、やれるだけのことはやって結果を待つようにすれば「幸運」は貴方の元に訪れるのではないでしょうか!

    音漏れせずに自宅で24時間演奏できる、理想の練習環境「楽器可賃貸サウンドプルーフ®」の資料請求

    資料に掲載されている東京23区内の防音賃貸マンションなら、以下の3つの願望を実現することができます。

    大音量で思いっきり演奏できるので上達が早くなります。

    ・自宅が防音室だから好きな時に好きなだけ練習できます。

    ・信頼できる防音性能だから安心して仲間とアンサンブルができます。

    第三者機関による遮音性能試験測定値を公表している信頼の防音賃貸マンションで、理想の練習環境を手に入れませんか?