ピアノ演奏で緊張する貴方へ!最高の舞台で100%の自分を出す方法

次は、私の発表の番!さっきまでは平気だったのに、出番が近付くにつれて緊張が増してきた。貴方はじょのような体験をしたことはありませんか?

練習なら完璧に演奏できるのに・・・、発表会や誰かに聴かせる時は緊張して上手く演奏できない・・・、という方に読んで頂きたいのがコチラの記事です。普段できることが緊張状態の中においては上手くできないことは多々ありますが、緊張をしなくなれば問題は解決します。この記事では、普段通りの100%の実力を大舞台等で発揮できるようになるための緊張に対する対策をご紹介させて頂きます。

 

1. 貴方が緊張する理由とは?緊張に陥るメカニズム

何故?

この章では、なぜ緊張をしてしまうのか?という要因を解説させて頂きます。そもそも何故、緊張するのか?ということが理解できなければ解決策も見い出すことはできません。緊張というものをしっかりと理解して頂くことが、緊張から解放される第一歩となります。

 

1-1. 緊張させているのは自分自身と知っていますか?

自分

緊張をさせているのは貴方自身です!と言われても、ピンとくる方は少ないと思います。

貴方が緊張をした時を思い出してみて下さい。誰かに「自分を良く見せたい」と思った時では無かったですか?

人が緊張をする時に最も多いのが、「自分を評価して欲しい・好印象を与えたい」と思う時です。そういった気持を持つことで無意識に身構えてしまっており、肩に力が入り普段通りの力が発揮できなくなってしまうのです。

 ここで是非覚えておいて頂きたいのが、緊張しているから肩に力が入っている訳では無く、肩に力が入ることで緊張をしてしまうということです。

本番前等で緊張を感じている時は、肩に力をグッと入れた後にストンと落としてみましょう。この動作を23回繰り返すだけで心が落ち着いてきます。

 

1-2. 緊張を生む行動とは?体を閉じる動作は緊張を生む。

バンザイ

リラックスをして緊張を取り除く方法として、自分は「緊張していない・緊張していない」と言い聞かせる人がいます。これも逆効果となってしまうので要注意!どういった言葉であっても、繰り返して言葉を唱えるという行為は緊張を呼びます。なぜなら、同じ言葉を繰り返して唱える時に、肩に力が入ったり・肩をすぼめて俯く姿勢になることが多いからです。このように体を閉じる動きをすると、意識が自分自身に集中してしまうことに繋がるので、緊張が高まってしまいます。

ここでの対策方法は、バンザイをすることです。手をグッと上に伸ばしてバンザイをしてみましょう。その時に、ちょっと笑顔を作ってもらうと更に効果が上がります。人はバンザイをすると気持ちとは関係無く、脳が今は楽しいと勘違いを起こして晴れ晴れとした気持ちになりやすくなります。これは、幼少の頃からバンザイ=喜ぶということを記憶に刻んでいるからだといわれています。

このように、バンザイは緊張を吹き飛ばす最高の動作といえますので、是非皆さんも取り入れてみて下さい。

 

1-3. 行動心理学を用いて、行動から心を変えましょう!

何事も気にしてしまう人、神経質な人、マイナス思考の人、周囲の目が気になる人が性格や考え方を変えようとしても、そんなに直ぐには変わりません。なぜなら、そういった思考は過去の貴方の経験から形成されているものであり、長い時間を掛けて作られているものなので一朝一夕で変わらないのです。

では、どうすれば良いのか?皆さんは心と体は表裏一体という言葉を聞いたことがありませんか?

つまり、「心が変われば行動が変わり、行動が変われば心が変わる」ということです。先述させて頂きましたが、心を変えるというのは長年の経験の積み重ねなので直ぐに変えることはできません。ですので、行動を良い方向に変えることで心が変わっていく形に進めるのが最適です。これが正に行動心理学という考え方です。

行動心理学の具体的な考え方の事例として、「人は落ち込むと俯(うつむ)く=人は俯くと落ち込む」というのは同じ意味となります。つまり、落ち込むという感情と俯くという行動がセットになっていると捉えることができるので、俯くの反対行動である「上を向く」という行動をすれば、気持ちも当然に落ち込むの反対となる「気持ちが明るくなる」となるという考え方です。

 

行動心理学の観点から緊張をとる効果的な行動

体を開く(肩の緊張を取る)。

バンザイをする(少し笑顔で行うと更に良いです)。

上を見上げる。

上記の表の中にまとめた行動を取って、心の緊張を取るようにして下さい。

大切なことなので繰り返させて頂きますが、心を無理に変えようと思う必要は無いのです。行動を少し変えることが緊張から解放される最も良い手段であるということを覚えておいて下さいね。

 

2. それでも緊張してしまう貴方へ!行動心理学応用編

緊張のメカニズムが分かったけれども、それでも慣れていないから緊張してしまうことは仕方のないことです。この章では、緊張で手が震えてしまったり、声が震えてしまったりといったピンチを乗り切る方法をご紹介させて頂きます。

 

2-1. 緊張で心臓の鼓動が激しくなった時の対処方法

鼓動

次は、いよいよ自分の出番。本番直前に緊張して心臓がバクバクして止まらないという経験をしたことのある方は少なくないでしょう。

このような時の対処方法は、「手のひらを上に向ける」ことです。

えっ!?それだけ?と思われるかもしれませんが、即効性がありお勧めです。

手のひらを上に向ける行為とは、心理学的に表すと「自己開示」と言えます。相手に心を開き、ありのままの自分を見せる=相手に自分の良い所を見せようと思わないという気持ちで、相手に対して自分を良く見せるという欲求が消えます。

実際に緊張した時に、手のひらを上に向けて頂くと、自然に体が開き、深い呼吸ができるようになっていることに気付けると思います。

 

2-2. 手が震えて止まらない時の対処方法

震える

緊張して手が震えるという話は良く聞きます。そんな時は、ハンカチでもペンでも良いので何かを掴んでみましょう。物を掴むことで意識がそちらに集中し、緊張からくる手の震えが止まります。

それでも、手の震えが止まらない時は、左右どちらの手でも構いませんので、自分の腕や肘を掴みましょう。これは「自己親密行動」と呼ばれる行動心理学の行為なのですが、自分自身に触れることで緊張を和らげる行為です。赤ちゃんが、自分の手や指をよく舐めている姿を見るかと思いますが、自分を舐めることで自分の存在を確認して安心しているのです。流石に、本番前に手や指を舐めるのは、気が引けると思いますので、自分の腕や肘を掴んで自分の存在を確認して安心するという方法を用いて、緊張に対処しましょう。

 

2-3. 声が震えて止まらない時の対処方法

緊張すると、声帯を動かす筋肉が硬直して痙攣を起こし、声が震えてしまったり出にくくなることがあります。そんな時は、アゴを少し突き出すようにして上に向けてみましょう。そうすることで気道が開き声が通りやすくなり、自然に高く伸びやかな声となります。

アゴを少し上げて人前に立つと、自信に満ちているように見られるため良い印象を与えやすいのですが、絶対に覚えていて欲しいことが一つだけあります。それはアゴを上げるて突き出すと、横柄で偉そうな態度を取っていると見られることがあるということです。そういったことからも、やり過ぎることは良くありません。ほんの少しだけアゴを上に向けるというのが重要な点ですので、上げ過ぎることの無いように意識して行って下さい。

 

3. 普段から日常的に緊張体質を変えていく方法

緊張は、マイナス思考の人・神経質な人・周囲の目を気にする人等が特に緊張しやすいと言われております。逆に、普段から楽観的な人等は緊張しにくいというのはイメージが付くと思います。この章では、根本から緊張体質を改善する方法として、心に余裕を持てるようになる方法をご紹介させて頂きます。

 

3-1. 楽観的な言葉を口にしよう!

大丈夫

どれだけ一生懸命にやったとしても失敗することは多々あります。そんな時の楽観的な言葉は「まぁ、いいか」です。この考え方をしなければ、ずっと同じことを引きずってしまいます。気持ちの切り替えは、必ず行わなければならないので、どれだけ落ち込むことがあったとしても「まぁ、いいか」と声に出して乗り越えましょう。

そして、本番前の緊張に襲われそうなときは、「失敗したって死にはしない」と口にしましょう。ほとんどのことは、失敗しても死に繋がるようなことは無いと思います。例えば、どうしても負けれないコンクールがあったとしても、負けたら他のコンクールへ出れば良いのです。生きている限り、挑戦は続けられるので気楽にいきましょう。

ここで大切なことは、必ず声に出して言うことです。心の中で思っているだけではなく、声に出して言うことで、自分の耳からその言葉が聞こえてきます。言葉には「言霊」があるといわれますが、実際に口にだすことで大きなエネルギーを得られるでしょう。

 

3-2. 寝る前に自分を褒めよう!

褒める

緊張しやすい人は、自己肯定感が低いという傾向もあります。ですので、寝る前に今日起きた良かったことを最低でも5個は言ってから寝るようにしてみましょう。継続していくと「自分は毎日幸せだ」、「毎日良く頑張れているな」といった形で、自己肯定感が高まります。

毎日、5個も良いことが無いと思う方もおられるかもしれませんが、「早起きできた」・「残業が無かった」・「仕事を手伝ってあげた」等、自分が良いと思っていないことが多過ぎるのが原因です。毎日幸せと言えている人達は、幸せを感じるハードルが低い=些細なことで幸せを感じることができるのです。貴方の周りにも、日々幸せな出来事はたくさん起こっています。それを幸せと感じられるように、寝る前に5個の幸せを声に出してみましょう。そうすればきっと、貴方の自己肯定感は高まります。

 

4. まとめ

緊張への対処方法をご紹介させて頂きましたが、緊張を完全に取り除くことは難しいでしょう。緊張することで集中力や注意力が高まることもありますので、適度な緊張は良いパフォーマンスをするのに役立つことを覚えておいて下さい。緊張を心地よく感じられるようになることができれば、きっと貴方は最高のパフォーマンスを行えるようになるでしょう。

 

音漏れせずに自宅で24時間演奏できる、理想の練習環境「楽器可賃貸サウンドプルーフ®」の資料請求

資料に掲載されている東京23区内の防音賃貸マンションなら、以下の3つの願望を実現することができます。

大音量で思いっきり演奏できるので上達が早くなります。

・自宅が防音室だから好きな時に好きなだけ練習できます。

・信頼できる防音性能だから安心して仲間とアンサンブルができます。

第三者機関による遮音性能試験測定値を公表している信頼の防音賃貸マンションで、理想の練習環境を手に入れませんか?