リズム感がないとは言わせない!オススメできるリズム感の鍛え方4選

あなたは今、リズムが思うように取れず、悩んでいませんか?

私もドラムを演奏していたのですが、リズム感がなく、なかなか上達しなかったことを覚えています。ドラムの練習を先にするより、まずリズム感を鍛えることを最優先にして様々な方法でリズム感を鍛えました。

そのおかげで、徐々にドラムの技術も上達していきました。

私の経験則から書いたこの記事を読んで頂くことでリズム感が鍛えられる可能性が高まります。

あなたのお役に立てれば幸いです。

 

1.リズム感の鍛え方4選

 1章では「リズム感の鍛え方」をご紹介します。
4つ紹介致しますが、どれもお手軽にできる方法ですので、ぜひお試しください。

1-1 裏拍を取る

 一つ目は「裏拍を取る」方法です。
人によっては、「裏を取る」といった言い方をされる人もいるのではないでしょうか。

裏拍とは、タイミングを取りやすい拍と拍の間にある拍のことです。
わかりにくい表現だと思いますので、具体的に表現しますと、

「トン・トン・トン・トン」と表の拍がありましたら、「・」のタイミングが裏拍です。
いきなり、裏拍を取ろうとするのではなく、まず表拍を取ってから、裏拍を取ろうとした方が簡単に裏拍を取ることが出来ます。

裏拍が取れるようになれば、そのリズムをキープができて、ノリがわかるようになります。
そんな裏拍を取れるようになる方法として、オススメするのが「複数のことを同時にする」ことです。

先程の「トン・トン・トン・トン」を例にして説明いたします。
表拍の「トン」では手拍子を行い、「・」では足踏みをするといった感じです。
私がオススメしているトレーニング方法を載せている動画がありますので、参考に見てください。

 

1-2 メトロノームを使って練習する

二つ目は「メトロノームを使いながら練習する」です。
リズム感を鍛える方法としては、一番有名な練習方法かもしれません。

しかし、こちらのトレーニングは正直言って、かなり地味です。
ですので、かなり根気強い方ではないと長続きしません。
積み重ねることで、上達していくので、少しやったからすぐに上達できる方法ではないので、ご注意下さい。

一つ目で紹介した「裏拍を取る」方法の応用編です。
先程、紹介した方法は自分が出す音に合わせて体を動かす方法でした。
メトロノームを使った方法は、自分以外から出る音に合わせてリズムを取るので、若干難易度が高まります。

それでは、早速ご紹介します。
①メトロノームの音に合わせて声を出してみる
 メトロノームの「カツ カツ カツ カツ」といった音に合わせて、「トン トン トン トン」と声を出してみましょう。

②メトロノームの裏を取る
 「トン トン トン トン」とリズムが取れたら、「トン」の間に「タン」と入れてみましょう。
「トン タン トン タン トン タン トン タン」このような感じになります。

③裏拍で手を叩く
 「タン」のタイミングが取れるようになってきたら、「タン」のタイミングと同時に手拍子を入れましょう。

④手拍子だけにする
 メトロノームの音に合わせて声を出していましたが、声を出すのをやめましょう!
すると、聞こえるのはメトロノームの音と手拍子の音だけです。
その手拍子のタイミングが裏を取っているタイミングになります。

ここまでできるようになったら、後はメトロノームのテンポを速くしてみましょう。

早さにも慣れてきたら、他の人が歌っている歌に合わせてリズムを取ることをオススメします。

 

1-3 歩きながらリズムを取る

 三つ目は「歩きながらリズムを取る」方法です。
ここまで、リズム感を鍛えるにはとにかく「裏を取る」ことが大事だとお伝えしてきました。

そんなトレーニングが移動中にもできたら、時間を有効活用できますよね。
この方法はとにかく単純です。

裏拍のタイミングに合わせて、歩調を合わせる!
ただこれだけです。

ただこれだけですが、移動中にかかさずやっている人とやっていない人では大きな差が生まれます。
最初は、メトロノームの音をイメージしながら、裏拍のタイミングで歩きます。
慣れきたら、聞いている音楽に合わせて、歩調を合わす方法もオススメです。

注意点としては、リズムに乗れて、気持ちよくなりすぎてしまい、周りの人から変な目で見られないようにしてください。

 

1-4 アプリで練習をする

四つ目は「アプリで練習する」方法です。
オススメできるアプリがいくつかありますので、ご紹介します。

①リズムくん

引用:App Store リズムくん

一つ目は「リズムくん」です。
こちらのアプリは「iphone」や「ipad」のみの対応となります。

どのようなアプリかというとメトロノームの音が流れるので、その音に合わせて下記の写真のように画面に表示される譜面通りにタッチするといったゲームになります。

引用:App Store リズムくん

ゲームの難易度も選択できるので、初めは4分音符から挑戦することをオススメします。
慣れてきたら、8分音符や16分音符にも挑戦してみてください。

有料アプリですが、ゲーム感覚で楽しみながらトレーニングできるアプリです。
また、携帯ひとつあればできますので、暇な時間にもさくっとトレーニングできます。

②「メトロノームのビート」

引用:App Store メトロノームのビート、テンポとリズム

二つ目は「メトロノームのビート」です。
 
リズム感の鍛え方の二つ目に「メトロノームを使って練習する方法」をご紹介しました。
しかし、自宅にメトロノームを持っている方は少ないのではないでしょうか。
そのような方には特にオススメです。

機能としても充実していまして、細かい拍数等の分割設定ができます。
また、本来のメトロノームだと経年劣化によって、少しずつズレが生じます。
そんなデメリットもこのアプリがあれば気にすることなく、利用することができます。

更に、こちらのアプリはアンドロイドにも対応しています。
ぜひ、ダウンロードしてみてください。

 

2.リズム感を鍛えるのにオススメな教室4選

2章では「リズム感を鍛えるのにオススメな教室」をご紹介します。

1章ではリズム感を鍛える際に、個人で練習する方法をご紹介しました。
自分で練習しただけでは、思うように上達しないと悩まれている方には教室に通うこともオススメします。
ぜひ、参考にしてください。

2-1 島村楽器(ミュージックサロン新小岩)

引用:ミュージックサロン新小岩

一つ目は「ミュージックサロン新小岩」です。
こちらのミュージックサロン新小岩は「島村楽器」が運営しているサロンになります。

エレクトローンを使用したレッスンになります。
こちらのレッスンですが、「島村楽器」が運営している全国のミュージックサロンで行っているわけではありません。
実は、こちらのレッスンに限り「ミュージックサロン新小岩」でしか行っていないので注意して下さい。

ピアノを弾く方はもちろんのこと、フルートやサックスを演奏される方にもオススメです。
更に、ダンスを習っている人でリズム感を鍛えたいといった「楽器を演奏されない方」にもオススメのレッスンです。

その理由として、レッスンを担当してくださる先生が生徒の悩みに合わせて、カリキュラムを組んでくださることが挙げられます。

費用やレッスン回数などの詳細を下記にまとめておきますので、ご覧ください。

※フルタイム:1週間の内好きな曜日、好きな時間を選ぶことができます。
※デイタイム:月曜日~金曜日の13:00~16:00の中から選ぶことができます。

レッスンを5回以上やりたいという方は、1回につき3,240円をお支払頂ければ可能です。
その際に、運営管理費は必要ないのでご安心ください。

気になる方はぜひお問い合わせ下記からお問い合わせをお願いします。
【ミュージックサロン新小岩】
電話番号:03-3653-7411
営業時間:月~土曜日 10:00~21:00
          日曜日・祝日 10:00~18:30
住所  :東京都葛飾区新小岩1-48-11キタノヤファーストビル5F・7F
URL     : https://www.shimamura.co.jp/shop/ms-shinkoiwa/trial-lesson/20160831/86

 

2-2 株式会社WIN AGENT(体育指導のスタートライン)

引用:株式会社WIN AGENT(体育指導のスタートライン)

二つ目は株式会社WIN AGENTが行っている体育指導のスタートラインです。
主にこちらの会社は、幼稚園生~小学生を対象に体育にまつわる指導を行っております。

かけっこが早くなりたい!
跳び箱が飛べるようになりたい!
逆上がりができるようになりたい!

このようなお悩みに幅広く対応しています。

様々なレッスンがありますが、今回ご紹介するのは「リズム感トレーニング」です。
内容としては、ダンスを通して、リズム感を鍛えるといったものになります。

基本的には、ご両親がお子様のことを心配されて申し込むケースが多いとのことです。
単純にダンスを習わせたいといった方もいれば、リズム感を鍛えて自転車を乗れるようにしたいといったご要望もあります。

また、子供にはゴールデンエイジといった時期があります。
初めて耳にされた方もいらっしゃるのではないでしょうか。
ゴールデンエイジとは、3~14歳に一度だけ訪れるセンスを磨くことができる時期のことです。

3~8歳をプレゴールデンエイジ、9~11歳をゴールデンエイジ、12~14歳をポストゴールデンエイジと分類します。
ゴールデンエイジは子供によって、それぞれの時期に合わせて方法を考える必要がありますが、子供の成長スピードに合った質の高いトレーニングを取り入れるのが、非常に効果的です。

練習風景の動画を下記に載せますので、ご覧ください。

また、費用やレッスン回数を下記にまとめましたので、参考にしてください。

費用に関しては、1レッスンごとにかかります。
また、高田馬場教室では、月に1回の開催になりますので、ご注意下さい。

気になる方は下記よりお問い合わせをお願いします。

【体育指導のスタートライン】
電話番号:03-3788-9322
営業時間:9:00~18:00
住所  :高田馬場シチズンプラザB館4階(高田馬場教室)
       :渋谷区神宮前3-35-8地下1階(明治神宮教室)
URL     : http://start-line.net/school_dance.html

2-3 MIKI ミュージックサロン

引用:MIKI ミュージックサロン

三つ目は「MIKI ミュージックサロン」です。
こちらは、大阪の心斎橋にある教室です。

こちらの教室の特徴としては、実際にドラムを使用してトレーニングを行います。
楽器を演奏されている方でリズム感を鍛えたいといった方にオススメです。

音符の読み方からカウントの取り方まで、教えてもらえるので、楽器が初心者の方でも学ぶことが出来ます。
更に、ドラムの基礎「ルーディメンツ」といったクラシックの打法を取り入れていますので、「ロック」、「ジャズ」などの様々なジャンルに対応することが出来ます。

費用やレッスン回数を下記にまとめましたので、参考にしてください。

他にもいくつか教室がありますが、「リズム感強化トレーニングセミナー」を開講しているのは「心斎橋教室」のみですので、ご注意下さい。

レッスンは月1回です。
また、日曜日の15時~16時に限られますので、都合の良い日曜日を選んで頂く形です。

気になる方は下記よりお問い合わせをお願いします。

【ミュージックサロン 心斎橋教室】
電話番号:06-6252-4530
営業時間:11:00~21:30(日曜日は20:00まで)
住所  :地下鉄御堂筋線 心斎橋駅1番出口直結、心斎橋プラザビル本館12階&地下2階
URL     : https://www.mikimusicsalon.com/school/1299/

 

3.リズム感の活かし方2選

3章では「リズム感の活かし方」をご紹介します。
1章や2章でリズム感の鍛え方をご紹介しました。

もちろん楽器演奏やダンスには、リズム感を鍛えれば、鍛えるほど活きてきます。
更に、違う場面にも鍛えたリズム感が使えたら嬉しいですよね。

ぜひ参考にしてみてください。

 

3-1 コミュニケーション

一つ目は「コミュニケーション」です。
コミュニケーションが上手な人の特徴として、「リズム感」を大切にしていることが挙げられます。

例えば、会話のテンポや抑揚などで伝わり方や話している人の印象は大きく変わります。
働く中で接客やプレゼンテーション、電話対応など様々な場面で活きてきます。

リズム感のある方との会話はテンポよくスムーズなので、ついつい会話が弾みます。
リズム感を鍛えて、コミュニケーション能力も上昇させましょう。

 

3-2 スポーツ

二つ目は「スポーツ」です。
実は、ボールを投げたり打ったりする球技にもリズム感は欠かせません。

最近では、スポーツにはリズム感が欠かせないといったことから「スポーツリズムトレーニング」が注目されていることをご存知でしょうか。

「スポーツリズムトレーニング」とは、リズム感を高めることで、運動パフォーマンスを上げていく画期的なトレーニングのことです。
リズム感を高めることで動きにメリハリが付き、パフォーマンスの向上とともに、怪我の予防につながると言われています。

実際に、様々なところで活用されています。
例 〇プロ野球球団のジャイアンツやベイスターズ
  〇保育園
  〇小学校
  〇アディダスとのコラボ
など

トレーニングの様子を下記に載せておきますので、ご覧ください。

リズム感を鍛えて、ぜひスポーツに活かしてください。

4.まとめ

今回は、リズム感の鍛え方についてご紹介してきました。

リズム感の鍛え方や活かし方などの知識が以前より深まったのではないでしょうか。
あなたのお役に立てれば幸いです。

音漏れせずに自宅で24時間演奏できる、理想の練習環境「楽器可賃貸サウンドプルーフ®」の資料請求

資料に掲載されている東京23区内の防音賃貸マンションなら、以下の3つの願望を実現することができます。

大音量で思いっきり演奏できるので上達が早くなります。

・自宅が防音室だから好きな時に好きなだけ練習できます。

・信頼できる防音性能だから安心して仲間とアンサンブルができます。

第三者機関による遮音性能試験測定値を公表している信頼の防音賃貸マンションで、理想の練習環境を手に入れませんか?