音大生のための就活バイブル!あなたの夢を実現する就職先とは?

音楽大学と聞くとどのようなことをイメージしますか?
まだ大学生になっていない人の場合、夢が詰まっている・演奏の技術をとても向上できる・ 奏者として成功するには必ず音楽大学に行かなければいけない等と思っている方は多いのではないでしょうか。また、自分の子供が音楽大学に進みたいと言われたら、大学を出た後の就職先や生活に関して非常に心配になる親御様もいると思います。

現在、音楽大学で学んでいる人で大学を卒業した後の就職先に希望と不安を抱えられている方も数多くいらっしゃいます。

この記事を読んで頂ければ、自分の進む進路としてどんな事を準備しなければいけないのかが理解できます。
仕事においても準備次第で変わってくることがたくさんあります。学生生活を有意義なものにする為に有限の時間を上手く使い、自分の夢をかなえましょう。
あなたの活躍を少しでも後押しできれば幸いです。

1.就職先 演奏が活かせる就職先

音楽大学に進学する目的は色々とありますが、一番多いのが楽器を吹く事や演奏することが好きであり、さらに学びを深めるために進学することが多いと思います。
楽器を演奏することを仕事にした場合、どのような就職先があるのかをお伝えします。

1-1.プロ奏者

プロ奏者とは楽器を演奏することで収入を得ている方を指します。
①オーケストラ等の楽団や団体に所属して演奏活動を行う。
②フリーランスで演奏依頼や個人での演奏活動を行う。
大きく分けて2つのパターンが考えられます。演奏活動だけではなく、指導や専門学校や音楽大学の講師を兼任している方もいます。
プロ奏者になるには資格は一切いりませんので、音楽大学を出ていなくても演奏技術があり、場に適した演奏することが出来れば学歴は必要ありません。
こちらの2つの就職方法には違いがありますので、それぞれ説明させて頂きます。

1-1-1.オーケストラ等の楽団や団体に所属する方法

楽団や団体に所属する方法は、空席が出た際に行われるオーディションで勝ち抜く事です。
オーディション情報は、楽団のHPや音楽情報誌に募集が掲載されます。
何よりも重要なことは、空席が出ない限り募集は無いということです。定年退職、他の楽団に移る等による空席が生まれ募集が行われます。
審査も非常に厳しく、応募したいと考えている人は非常に多いため倍率が高いです。

書類審査→1次審査→2次審査→団員全員のカーテン審査→試用期間6ヶ月
すべてを通過して正式な団員になれる狭き門です。募集タイミングがわからない点と応募者が殺到する点で、簡単になれる仕事ではありませんので注意して下さい。

1-1-2.フリーランス奏者

特定の楽団などには所属せず、自分で仕事をする奏者です。
特に試験や審査はありませんが実力の世界であることと、紹介やコネ等が無いと演奏の仕事をもらうことが難しいです。
わかりやすい仕事紹介例としては、バンドの収録での依頼演奏や、バックバンドでの演奏、学生の指導等を行うことです。
また、同じフリーランスの奏者とアンサンブルや楽団などを組んで演奏会を行うこともあります。
実力や他者とのつながり次第で非常に楽しく仕事が出来ますが、依頼が無い時は収入が無くなってしまうので生活が大変になります。
自分の実力を落とさない為の練習が必要ですので、仕事との両立や時間の配分が難しいといったことも重要な点です。
上記に記載している「1-1-1. オーケストラ等の楽団や団体に所属」するために、募集が出るまではフリーランスで働く方も多くいらっしゃいます。
どちらにしても非常に難しい仕事になります。

1-2.音楽教師

音楽教師になるには、教職課程認定受けている大学の学部学科に進学をして、教職認定をもらえる課目等を修得し、「教員免許」を取得します。
公立中学・高校の場合 → 教員採用試験に合格する必要があります。
私立中学・高校の場合 → 学校独自の採用試験に合格する必要があります。
下記表の倍率を見て頂くと分かるように、どちらの場合も非常に狭き門になります。
公立高校の倍率は非常に高くなっており採用されることもは難しく、 私立高校は空席が出た際に募集を行うことが多いため採用があまり多くありません。
教職を取っていれば潰しが効くと考える人も多いかと思います。
大学に入って食べるのに困らないようにしたいと考えるのは大切ですが、現状の採用倍率を考えると音楽教員に必ずなりたいと考えている人でも合格するのが難しいという結果が出ています。

1-3.演奏講師

演奏講師とは楽器店や音楽教室に入会した生徒に演奏などを教える仕事です。小さな子供から大人の方まで幅広い年齢層の音楽・楽器指導を行います。また、習い事として学びに来る方、趣味の演奏を楽しみたいと教わりに来る方まで指導にも幅があります。
演奏講師は、音楽と演奏に関わりながら仕事をする素晴らしい仕事です。しかし、正社員登用されることはあまりなく「委任契約」や「契約社員」として働く事が多い為、安定度合いは低いです。
「委任契約」とは、独立した事業主(個人事業主)として生徒を教えるという仕事を委任されます。個人事業主になるため、講師の掛け持ちや、自身での他店でのレッスン等が可能です。もちろんレッスンを受けに来る生徒の数やコースにより報酬が変わります。
生徒数を確保することが出来れば、音楽と教育の両方に関われる良い仕事です。

1-4.公務員の音楽隊

警察音楽隊・消防音楽隊などの地方公務員の職務を行いながら楽器演奏を行う仕事です。
兼務隊と専務隊に別れていて、広報活動として演奏を主任務とする場合と、一般業務を行いながら、演奏活動を行う場合があります。
全ての都市を紹介出来ない為、首都圏の音楽隊を紹介します。

①警察音楽隊

警察音楽隊とは、警察の広報業務を行うための音楽隊です。
音楽の演奏を通じて地域との交流を深め、警察と地域との繋がりを醸成するために存在しています。
関東圏の警察音楽隊はすべて専務隊のため、音楽演奏を主任務として勤務をします。
音楽隊により所属身分が違う為説明します。
警視庁音楽隊…全員が警察官であり、音楽隊員になります。
(公務員試験に合格し、警察学校を卒業してから配属。身分は警察官です。)
埼玉県警音楽隊…一般職職員として採用。楽器の演奏技能をオーディションで審査。
千葉県警・神奈川県警…半分警察官、半分一般職職員として採用。警察官として採用されてから、希望を出し音楽隊に配属される場合と、一般職職員募集でオーディション後に入隊する場合があります。

〇安定して楽器を演奏したい場合は非常にオススメの仕事ですが、空きがない場合は募集等は行われません。また、警察官としての職務を行いながら音楽隊の空席を待つことが出来ますが、いつ配属されるかはわかりません。

②消防音楽隊

消防音楽隊とは消防の広報業務を行うための音楽隊です。
関東圏の音楽隊はすべて専務隊のため、音楽演奏を主任務として勤務をしています。
消防音楽隊に配属されるためには、2つの方法があります。
消防官として採用され、配置転換を希望する
一般職(嘱託職員)として楽器のオーディションに合格する
上記の2つの方法になります。
消防官として試験を突破し訓練をこなした後、音楽隊への配置転換を希望して空席が出た場合配属が可能です。
音楽隊担当の方へ取材したところ、楽器の経験等がある方は比較的簡単に音楽隊に配置されやすいとの事です。
一般職(嘱託職員)の募集が出た際(音楽隊の編成に不足が発生)に一般職の募集としてオーディションを行い突破することが必要になります。この一般職での採用の場合は定年までの勤務が確約されているわけではないので注意が必要です。
※配置転換が8年周期程であるようで、入隊から定年まで同じ隊や音楽隊に居る事は出来ません。

1-5.自衛隊音楽隊

自衛隊音楽隊とは陸上・海上・航空の各自衛隊が組織している音楽隊で、自衛官でありながら、楽器演奏を主任務として働く仕事になります。
入隊する方法は1つしかありません。
自衛隊に入隊するタイミングで、「音楽隊職種説明会」に参加をして演奏や音楽知識に関しての実技を披露し、音楽隊員としての音楽的素養を確認(オーディション)します。
自衛隊の入隊試験と合わせての受験が必要で、自衛官としての合格が出た上で音楽隊の合格する必要があり、合格できない場合は音楽隊への配属は叶いません。
2つの試験を突破する必要があります。
今年度の募集状況をまとめました。(今年度募集は終了)
若干名となっているところは、ほぼ1名の募集です。空席が出ないと募集がありません。
また音楽隊により空席状況が違います。空席がある音楽隊に配属されることになります。
自分の希望した部隊に配属されることは非常に難しいです。
ですが、陸上自衛隊は募集人数が多い為、他の演奏を行うプロ団体に所属するよりは敷居が低くなっています。
自衛官の身分は「国家公務員特別職」です。必ず訓練をしなければいけませんが生活の基盤は安定しますので、フリーランスよりはオススメの仕事になります。

1-6.楽器店関係

楽器店関係の仕事として、店舗での販売・管弦楽器リペア・オンラインストア対応等があります。
所有している楽器の整備や修理は非常に大切です。良い音を出し続けるには持ち主が手入れ・掃除を行うだけでなく、専門家によるクリーニング・手入れ・修理が必要になります。
管弦楽器リペアとはぶつけてしまって凹んだ楽器、木が割れてしまった楽器等を調整し直す仕事です。楽器に精通し、技術を身に付けなければいけない仕事です。。

店舗販売スタッフとは楽器の販売店で接客をするスタッフです。
楽器経験者が今までの自分の経験を元に良い商品や使い方を説明し、お客様に対して安心を提供する仕事です。
募集が多くいろいろな楽器店で人が不足しているので、選びやすい進路にはなりますが、あまり音大からの進路先として選んでいる方は多くありません。
編集部で取材をしたところ、楽器店に入社してしまうと、自分の楽器演奏の機会が非常に減ってしまう事が多いようです。楽器店が一番忙しくなるのは土日であり、イベントなども行います。
土日が休めないと演奏会を行うことは勿論、聴きに行くことも難しくなってしまいます。
そのため、楽器店を就職先として避ける傾向があります。
ですが、今まで学んだ楽器の専門知識を生かすには最高の仕事であり、楽器についての接客が好きな方には非常にオススメできる仕事です。

2.音楽大学について

2-1.首都圏の音楽大学 4選

①東京藝術大学

 

 

 

 

 

 

国内唯一の国立(こくりつ)藝術系単科大学です。
他の音楽大学とは違い、入試倍率は非常に高く、4倍を超える事がほとんどです。
受験課題が非常に難しくなっています。
①実技試験(専攻実技・聴音書き取り・楽典・新曲視唱・リズム課題・副科ピアノ)
②面接
③センター成績(センター試験の成績は,最終判定に用いる。個別学力検査等の成績を重視する。)
センターの成績がいくら良くても入学は出来ず、実技試験(楽器演奏等)が非常に重視されます。
楽器だけ出来てもダメ、勉強だけ出来てもダメというハイレベルな難関大学です。人によっては、「東京大学」に入学するよりも難しいという意見もあります。
そのため藝大に入学し、無事に卒業した場合のネームバリューは非常にレベルが高い物になります。浪人覚悟でも挑戦してみる価値はあります。

②桐朋学園大学

 

 

 

 

 

 

 

 

弦楽器・打楽器とオーケストラで人数が多い楽器に有名な先生がいる為、非常に人気の大学です。
コンクールでの実績も非常に高く、今年度も良い成績を出しています。
2017年度コンクール結果(桐朋学園大学) http://www.tohomusic.ac.jp/college/lesson/concours_u.html
特色としては、ソルフェージュに非常に力を入れていて、授業に取り入れています。
その他の楽器もレベルが非常に高いですが、他の私立音楽大学と比べて学費が非常に高くなっています。
初年度納付金 2,706,600円になっており、次に紹介する東京音大とは30万円程度違ってきます。
①で紹介した東京藝術大学とは190万円近く金額が違ってきます。
私立の中でも非常に高くなっていますので、それを踏まえて選ぶようにしてください。

③東京音楽大学

 

 

 

 

管楽器とピアノに非常に人気が高い大学です。器楽専攻のコンクールでの成績が非常に伸びています。
2017年度コンクール結果(東京音楽大学) http://www.tokyo-ondai.ac.jp/about/2017Competitions.html
教授陣も充実された布陣で、アクセスのよい池袋に校舎があり、新しい校舎も中目黒に完成する予定です。
充実した教育を受ける事が出来る体制が整えられているので、非常にオススメです。
音大の中でも非常に勢いがある学校になっています。

④洗足音楽大学

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

洗足音大は学科の幅が広いという特徴があります。学科から入学人数も非常に多く設定されており、入試の回数やAO入試などの試験もとても多くの回数が設定されています。
新しい物をどんどん取り入れて、生徒にあった物を作り出す環境になっています。
入学、卒業をするのは難しくないため、過ごすだけで大学生活が終わってしまいます。貪欲になって自分から活躍の場や学びを見つけていける人、教わっている先生が大学にいる場合はオススメです。

2-2.就職実績

今回ピックアップした4つの音楽大学についての就職状況を説明します。
現在、各音楽大学でホームページに記載されている物をまとめました。

参照ページ
①東京芸術大学 最近五年間の進路状況PDF
http://www.geidai.ac.jp/wp-content/uploads/2017/05/6c75f02e528e5503f8f2492170b1c206.pdf

②桐朋学園大学 進路及び就職
http://www.tohomusic.ac.jp/college/campuslife/career.html

③東京音楽大学 キャリア支援サイト 2017年3月卒業者進路状況PDF
http://www.tohomusic.ac.jp/college/campuslife/career.html

④洗足音楽大学 卒業生進路一覧
http://www.senzoku.ac.jp/music/career/after_graduation.html

2-3.進路状況について

大学を卒業後にすぐに奏者として働くのは非常にレベルが高いという事がわかります。
多いパターンとしては、2パターン考えられます。
①進学をして、タイミングを見つけてオーディション等を受ける
②指導や講師になり、募集のあったタイミングでオーディションを受ける
上記のような考えをしている人が毎年音大を卒業していくという事です。オーケストラや楽団の所属可能人数は、ほぼ固定されています。空きが出なければ募集がありませんので、自分が目指す席を取るには非常に厳しい道のりがあると理解して下さい。

2-4. 就職先未定について

就職先に関して未定と回答している卒業生が非常に多いです。
各学校の進路窓口の方に確認すると、「フリー」の奏者や、指導者として吹奏楽部の指導や、音大進学を目指している学生の指導を行う等、バンドのエキストラとして演奏会に参加をして収入を得る卒業生の方が一定数いるとの事です。
やはり音楽も指導も実力の世界になる為、非常に厳しく険しい進路にはなりますが、自分自身の力で新しい何かを開拓することが出来ます。
安定を目指すのであれば、あまり踏み込むべきでは無い進路になりますが、フリーランスとして活躍する事で充実した音楽生活をすることが可能です。

3.一般企業就職支援について

音楽大学卒業後の進路として、音楽以外の仕事を選ぶ人が増えてきています。
それは、音楽大学側が一般企業への就職支援をしている為です。「2-2.就職実績」で表にしたように東京音楽大学では卒業生の約2割が一般企業への就職をしています。どんな仕組みがあるのかをご説明します。

3-1.各音楽大学の一般就職への後押し

大学側から学生へ対しての就職支援アプローチが変わってきた為、一般職を選ぶ音大生が増えています。
学内での一般職の合同企業説明会や、一般職に就職した卒業生を呼んでの説明会を行う取り組みを始め、学生が興味を持ちやすいような音楽関連企業の説明会を開くような対応をしています。
また、一般職の就職試験や面接の際には授業を「公休扱い」という形で休めるような対策等を取っている学校もあります。
進路相談の個別面談を全生徒と行い、就活状況や今後の進路の確認をしている学校もあり、一般企業への就職を薦められる事も多くなっています。
音楽大学からストレートで楽団に入団出来る人はごく一部の人です。
実力とタイミングが全ての世界のため、プロとして生きていくのは非常に難しいです。
少しでも進路に不安があるなら、一般企業を受けてみる事も必要です。今まで音楽に向けていた情熱を就職活動に充てる事が出来れば高い評価をもらうことは可能です。
是非挑戦してみましょう。

3-2.一般の仕事をしながら音楽を楽しんでいる人の体験談

音大卒業後の進路に関して、演奏で食べていくことを辞めて現在は一般の仕事をしている4名の方にインタビューすることが出来ました。
全員が奏者として指導や演奏をしながら生活をすることが出来た実力はありつつも、現在は楽器と音楽と自分に上手く折り合いをつけて生活しています。
「趣味」として音楽と上手く付き合い方をしている人を紹介します。
進路を選ぶ上での参考にしてください。

ケース①
ケース②
ケース③
ケース④

4.進路選択前にやっておくべきこと7選

音楽大学卒業後の進路を決めるにあたり、奏者としての道を選ぶにしろ、一般職の道を選ぶとしても必ずやっておいた方が良い7つの事柄をまとめました。
音楽業界で生きる為には、多くの手段や技を持っていた方が、可能性が広がります。
在学中の限られた時間で試行錯誤をして、少しでも将来に繋がる事を身に着ける必要があるからです。自分から積極的に学びに行くようにしましょう。
①楽譜の編集(編曲、アレンジ、書き換え、浄書等)
②PCでの文書作成等(ワード、エクセル、パワーポイント)
③対人でのアルバイトをする
④楽器指導やレッスンを行う
⑤語学を学ぶ
⑥音楽関係以外の友達を大切にする
⑦SNSの使い方と効率的な利用方法を学ぶ

これらを積極的に勉強しておくことが進路に迷った時に有利になります。
音楽大学にいるから演奏だけ頑張ると言っても、大学に在学できる期間は普通4年間です。大学院に進むとしても6年までになります。
音楽で生活していくならその後の人生の方が長くなります。
楽譜の編集などは出来れば自分の演奏する譜面にしても、バンド指導をするにしても非常に助かる技能です。
自分の身に着けた技術がどこで生かされるかはわかりません。いろいろなものに追われながらの生活になりますが、積極的に取り組むことが大切です。
上記の内容を細かく説明していきます。

①楽譜の編集(編曲、アレンジ、書き換え、浄書等)

本格的な楽譜の編曲や作曲、アレンジには専門の学部や学科があり、学ぶためにはとても時間がかかりますが、楽譜と実際の音の関係を覚えていくことも非常に大切です。
勉強だと思い、自分が所属しているアンサンブルや合奏で積極的に取り組み、タダでもたくさん書いて音にしていくことが近道です。
後述するレッスンや指導を行う場合でも、作編曲の知識や経験があれば指導の幅が広がることや、アレンジの仕事に近づくことが出来ます。
現在は手書きの楽譜を使用する人は非常に少なくなってきています。そのため、楽譜の打ち込みを行える専用ソフトにも慣れておけば浄書をすることも出来ます。綺麗で見やすい譜面を作る能力は重宝されます。簡単には出来る事では有りませんが、挑戦していけば新しい道が開ける技術です。

②PCでの文書作成等(ワード、エクセル、パワーポイント)

一般職に進むにしても、音楽家として進むとしても、PCが使えなければ仕事になりません。
演奏会の宣伝、企画を練る際、自主企画の演奏会を行うためにも必要ですし、一般職でPCを使わない業種は非常に少なくなっています。
専門的にソフトを使って関数計算やプログラムを作ることまでは要求されないことが多いですが、出来た方がもちろん幅は広がります。
奏者を目指していても、インタビューの原稿を作ることや本などを出版する可能性があります。
全く使えないことは無いと思いますが、「最低限、普通に使える」ように日々使用しておくことが大切です。

③対人でのアルバイトをする

音楽業界はコミュニケーション能力が高い方が重宝されます。アルバイトをするならなるべく対人での仕事をしましょう。学生時代の限られた時間を少しでも有意義に使うことが大切です。
ソロで演奏する場合も、ピアノ伴奏を用意することがほとんどですし、オーケストラバックで演奏する場合の必ず誰かと一緒に演奏をします。また楽器のアンサンブル等は演奏でのコミュニケーションと実務でのコミュニケーションが必要です。
アルバイトでチームとして働く場合もスムーズに全体が回るように心がけ、どうすれば仕事が円滑に進むのかを考えて実行することは経験にもなります。ただ時間をこなすだけのアルバイトを行うより、少しでも自分にプラスになるように考えて時間を使うことが大切です。
また、クレーム対応のあるコールセンターなども非常に良いアルバイトです。電話でのマナーやトーク術を身に付ける事も出来ますし、他のアルバイトより好待遇なところが多いです。
理不尽なクレームをつけてくる方への対応が出来れば、後々仕事で生じるかもしれない色々な理不尽な出来事にも対応できるようになります。

④楽器指導やレッスンを行う

自分がレッスンを受けるのではなく、楽器指導やレッスンを行う事を指しています。
音楽大学ではレッスンを受ける時間が授業中に組み込まれていますので、自分が誰かに対してレッスンをすることが大切です。
人に指導をすることで見えてくることや、本当に自分が先生から指導されたことを理解できる場合が非常に多くあります。誰かに指導をすることによって、人に自分の思いを伝えることの難しさや、正確に物事を伝えることの大変さを知ることが出来ます。
また、指導というとても責任のある事を任されるには、周囲の信頼や信用が必要であり、指導を受けている人の人生をも左右させます。
プラスの事を伝える事も出来ますが、マイナスの事も伝えてしまう事があるという事を重々承知した上で精一杯準備をして取り組む必要があります。
伝手を探すのが大変ですが、教える事はどんなタイミングでも出てくるので、必ず自分から機会をつくりに行きましょう。

⑤語学を学ぶ

どんな仕事でも言われるのが、語学の勉強をしておいた方が良いという事です。音楽に関してはそれが顕著です。進路選択で留学という道を選ぶ可能性もありますし、海外公演などを行うには語学が必須になります。
クラシック音楽家としては、ドイツ、フランス、イタリア、イギリスすべてを回った方が良いとまで言われています。作曲者が歩いた道や空気感を知って、それを演奏に出すことが出来ればとても大きな成果になります。
おやすみ期間(夏休み、春休み)などで海外に突発的に行って、少しでも身に付けると良いです。
一般職においても他の言語を使うことが出来れば、就職できる仕事の選択肢は広がります。語学を勉強するのは大変ですが、習うより慣れろという事で挑戦してみましょう。

⑥音楽関係以外の友達を大切にする

音楽の業界以外の友達を作ることも非常に大切です。それは、音楽業界にいるとその周辺の人ばかりと知り合いになってしまい、一般的な常識と少し解離してしまう可能性があるからです。
独特な世界観を持っている方が非常に多く、独自のルールも多いため、友達全員が音楽業界関係者というのは危険です。
一般職も考えている方は就活のタイミングや、他の一般大学でどのような就職講座が行われているのかの情報収集をする必要もあります。
音楽家として活動したい方も仕事の関係で一般職の方と一緒にやることもありますし、新しいひらめきに繋がることもあるので、自分の持っているグループの外へ飛び出すようにしましょう。

⑦SNSの使い方と効率的な利用方法を学ぶ

現在、SNSは非常に有効な広告や活動に使う事が出来ます。その反面、拡散効果が強いため利用方法を誤ってしまうと演奏活動を行う際や一般職に就職する際に弊害が生じる可能性があります。
効果的に使う為には、慣れが必要ですので日々使うことは大切です。不用意な発言や人を貶めるような内容を投稿してしまって、炎上するような事は絶対に避けましょう。
一般職の場合も同様で、以前に事件になった動画投稿等もあります。内定取り消しという事態は必ず避けるようにしてください。
また、動画や写真の著作権に関しての問題もあります。取扱には十分に注意をしてから使うようにしてください。
一度炎上させてしまったら取り返しがつきません。不用意な発言をしないように注意すると共に、どのような事が炎上に繋がるのかをしっかりと勉強しておくべきです。
誰もが他人ごとではいられない!ネット炎上の回避方法と対応策 http://www.motex.co.jp/nomore/casestudy/3160/ 
ですが、SNSの有効性として演奏動画を上げる事などで、非常に効率よく演奏会の宣伝や自身の技術の高さを見せる事も出来ます。
また、大手企業がツイッターアカウントで独自の広告等を行っており、非常に人気が高く効果があるとの事です。怖いから触らないのではなく、しっかりと学んでから便利に使うようにしましょう。

5.まとめ

音楽だけで食べていくのには非常に厳しい現実があります。ですが、自分の特技や技術を伸ばそうと思い努力することはプラスにしかなりません。
学校にいる期間、学生でいられる期間は決まっています。また、学生でいる時間よりも、その後の生きていく時間の方が絶対に多くなります。
大学で学ぶことだけにとらわれず積極的にいろいろな事に挑戦して自分の音楽生活を充実させていくことが大切です。

「参考文献」

・音大進学・就職塾 茂木 大輔(著)

・「音大卒」は武器になる 大内 孝夫(著)

自宅で24時間演奏できる理想の練習環境「楽器可賃貸サウンドプルーフ®」の資料請求

資料に掲載されている東京23区内の防音賃貸マンションなら、以下の3つの願望を実現することができます。

大音量で思いっきり演奏できるので上達が早くなります。

・自宅が防音室だから好きな時に好きなだけ練習できます。

・信頼できる防音性能だから安心して仲間とアンサンブルができます。

第三者機関による遮音性能試験測定値を公表している信頼の防音賃貸マンションで、理想の練習環境を手に入れませんか?