子供が楽しめる楽器とは!?本格的に楽器演奏を始めるまでの道のり

子供 おもちゃ

生後間もない赤ちゃんの時から、子供は音の出る物にとても興味を示します。23歳になると音の聞き分けができるようになり、楽器を始めるのが早い子場合、3歳くらいから本格的に練習を始める子供もいます。

この記事では、幼少期から本格的に習い事を始めるのが良いと言われる66ヵ月までに、音楽を楽しめるおもちゃを紹介させて頂き、編集部がオススメする初めての楽器をご紹介させて頂きます。

 

1. これがオススメ!幼少期~6歳までの音の出るおもちゃを年代別にご紹介。

子供の成長段階に合わせて遊べる最適なおもちゃをご紹介させて頂きます。長く楽器を続けるためには、音楽が楽しいと思うことが絶対に必要です。対象年齢に合わない難しいおもちゃを与えてしまうと、興味が無くなってしまうこともありますので注意しましょう。

 

1-1. 0歳~1歳未満にオススメの音が出るおもちゃ

赤ちゃんは、シャカシャカというビニール袋が擦れるような音に興味を惹かれることが多いです。そういった音を出すおもちゃを与えることで、音に対する興味が深まっていきます。

「アンパンマンしゃかしゃかボール」

アンパンマンボール

(画像引用:amazon

赤ちゃんが持ちやすいように作られており、軽く握って振るとシャカシャカ音がなります。赤ちゃんが自分で音を出すということに興味を示す第一歩のおもちゃといえます。

 

「ブライトスターツ エレファンツ・アクティビティジム」

ブライトスターツ

(引用:ベビーラザス

色々なおもちゃがぶら下がっているので、赤ちゃんもご機嫌です。鳥型の赤いおもちゃはメロディーが鳴るので、音に興味を示すようになります。

 

「キリンのソフィー」

キリン

(引用:楽天

布のページやカシャカシャ音が鳴るページがあり、赤ちゃんも興味津々!歯固めに使える噛む場所もあるので、音楽以外の部分でもメリットの大きいおもちゃです!

(引用:Youtube かしゃかしゃおもちゃ)

 

1-2. 1歳~3歳未満にオススメの音が出るおもちゃ

音の高低が分かるようになるのが1歳を過ぎてからと言われております。この時期には、音の高低を感じられるようなおもちゃがオススメです。また、息を使った楽器も鳴らすことができるようになるため、今までの手足だけでない新たな領域のおもちゃで遊べるようになります。

 

「アンパンマン ベビーラッパ」

アンパンマンララッパ

(引用:amazon

息を吹くと音が鳴るだけでなく、息を吸っても音が鳴ります。

どちらかというと息を吸った時の方が音を鳴らしやすいので、上手く吹けない子供には吸わせてみましょう!

 

「フィッシャープライス わんわんのバイリンガル・リモコン」

リモコン

(引用:amazon

TVリモコンに興味を示す子供はたくさんいます。

1歳後半くらいから、どのボタンを押せばどういった音が出るかを理解して遊ぶ子もでてきます。子供の興味を惹く物+おもちゃの組み合わせでお勧めの商品です。

 

1-2. 3歳~5歳にオススメの音が出るおもちゃ

月齢が3歳以上になると、ドレミの音階が理解できるようになってきます。

おもちゃの楽器でも良いですが、本物の楽器に触れさせたいと思う親御様は、音楽教室等に通わせても良い年齢です。ただし、この時期の習い事は遊びの延長として子供が楽しむということが継続には大切な要素となります。

 

「本格 49cm 子供用 おもちゃ ギター」

ギター おもちゃ

(引用:amazon

音質はそれほどよくはありませんが、とりあえずギターとして子供に興味を持ってもらう分には十分なおもちゃです。

ネジが固すぎて弦の調整が難しい等の難点がありますが、初めて本格的な音の出るおもちゃとしては良いと思います。

 

「KAWAI ミニピアノ」

ミニピアノ

(引用:amazon

鍵盤数25鍵の音源をハンマーで叩いて音が出る作りのピアノです。

おもちゃとは言いながらも楽器に近い商品ですので、本格的にピアノを習わせる前に子供に与えてみるのも良いかと思います。

口コミでは割と丈夫にできているという声が多く挙がっておりますので、長時間弾いても問題無いといえるでしょう。

 

2. 楽器を本格的に始める「666」とは

楽器や習い事を始めるのには、66ヶ月6日からという言葉を聞いたことがある方もいらっしゃるかと思います。何故、そのような「666」という表現ができたのか、そして実際にその効果はどうなのか?といったことを調査しました。

 

2-1. 6歳の由来

謎

室町時代に能を作り上げた世阿弥の著書「風姿花伝」の記述に、数え7歳(6歳になる年)が一番良いと書かれています。

その考えが歌舞伎等にも浸透し、近年では66日が稽古始めとして一般化されました。

また、別の考えとして「指の形」といった説もあるようです。

指を使って数を数える時、手の平が開いた状態から指を折って数を数えます。

そうすると6の数字の時に小指が立ちます。「小指が立つ」→「子が立つ」ということで6歳という基準ができたという説もあるようです。

 

2-2. 6歳から始めることの根拠はあるか?

練習

現在において明確な根拠というものは無いようです。

古くからの言い伝えで何となくといった形が世間に浸透しているようですが、「稽古」という文字を紐解くと少しは根拠と言える部分もあります。

「稽」とは考えるという意味ですので、稽古とは古(いにしえ)を考えるということです。

つまり、単に技術を習得するのではなく、その成り立ち・作法・道理等を理解するという意味が込められています。そういった物事を考えられる年齢でとして6歳は早いと思われる方もいるかもしれませんが、児童期という幼少期の次のステップに進むこの年齢は適していると考えることもできます。

 

3. おすすめの楽器はエレクトーン

エレクトーン

界的に有名なピアニストが最初はエレクトーンから弾きはじめたということを聞いたことがある方もいらっしゃるかと思います。

世界的な有名人が弾いていたからという理由以外にもエレクトーンがオススメの理由はたくさんありますのでご紹介させて頂きます。

 

 3-1. 鍵盤が軽いので負担が少ない

軽い

ピアノは鍵盤を押すと内部ではハンマーのようなものが弦を叩く事で音が鳴る仕組みです、鍵盤の叩き方によって音色が変わるため、鍵盤が重く作られています。

一方でエレクトーンは、パソコンのように電子音を鳴らします。叩き方で音色が変わらないため、軽いタッチで弾けるようになっているのが特徴です。エレクトーンをお勧めする材料の一つに、子供が鍵盤の重さに疲れてしまうということが無いという点が挙げられます。

 

3-2. 綜合的な音楽能力の向上

向上

エレクトーンは、打楽器・弦楽器・管楽器等の幅広い音を奏でることができます。実際の楽器の音を聞いて何の音か分かる力も備わりますし、ドラム譜のような他の楽譜も読む力を得ることができます。

また、ポピュラーもクラシックも幅広いジャンルの演奏ができるため、子供が飽きないという利点があります。好きな曲を弾いて楽しむという気持ちを持ち続けることが出来る点もオススメです。

 

3-3. 全身を使うことで頭の運動にも繋がる

上の鍵盤がメロディを下の鍵盤が伴奏を演奏する形となり、また足の左側はベース音を右側はボリューム調節、そして太ももは音色を調節とまさに全身を使って演奏します。体の各部位をバラバラに動かす必要があり、このように複数のタスクをこなすことで、脳の前頭前野の動きを活発にするという効果も期待されています。

スポーツと同じように記憶力やストレス耐性がエレクトーン練習によってもたらされると言われております。

 

4. まとめ

子供のおもちゃからお勧めの楽器までをご紹介させて頂きました。

もちろん、この記事は一つの例に過ぎません。エレクトーンを習わずに他の楽器で成功した人もたくさんいらっしゃいます。

自分の子供が楽しんで音楽に取り組んでいるのか?という点を一番に考えて頂くことが最も重要であると編集部は考えています。

 

音漏れせずに自宅で24時間演奏できる、理想の練習環境「楽器可賃貸サウンドプルーフ®」の資料請求

資料に掲載されている東京23区内の防音賃貸マンションなら、以下の3つの願望を実現することができます。

大音量で思いっきり演奏できるので上達が早くなります。

・自宅が防音室だから好きな時に好きなだけ練習できます。

・信頼できる防音性能だから安心して仲間とアンサンブルができます。

第三者機関による遮音性能試験測定値を公表している信頼の防音賃貸マンションで、理想の練習環境を手に入れませんか?